マンションでの投資

マンションでの投資には

マンションのワンルーム投資では

マンションのワンルーム投資のメリットは、少ない資金で始められるということです。「年収400万円以上」といった条件を満たしている正社員の人なら、フルローンを組める可能性もあるでしょう。逆に、600万円くらいの資金を持っている人なら、頭金を3割くらい入れて、リスクの低いローンを組むことができます。しかし、空き室ができると、収入が一気にゼロになってしまうというリスクもあります。空き室率は、0%になるか、100%になるかの2択です。マンションのワンルーム投資にはデメリットもあるので、よく理解をした上で行いましょう。

投資物件としてのワンルーム

近年の世界の経済事情急激な変化が起こり得るので、将来に備えるなら安定した投資を考える必要があります。最近特に注目を集めているのが、不動産投資として行うマンション経営です。集合住宅にもいろいろなタイプがありますが、ワンルームの物件はメリットが多いものとして人気があります。建物全体の規模がファミリー向けに比べ小さめなので資金が少なくてすみますし、単身者の需要が多いので空き家率も少ないのもポイントです。マンションの管理会社もワンルームに力を入れているところが多く、維持管理などのメンテナンスを任せることができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; マンション購入の特徴には All rights reserved